HOME > 廃車とは

廃車とは

これまで使ってきた自動車を手放す場合は、売却か下取り、もしくは廃車を行なわなければなりません。廃車には大きく分けて2つのステップがあります。種類上の「廃車手続き」と、車の解体です。自動車を解体しただけでは、廃車とは見なされないのです。「自動車検査証」についても、所定の手続きを行なわなくてはなりません。


さらに、自動車検査証にも2種類の手続きが存在します。「永久抹消登録」と「一時抹消登録」です。また、廃車する車の種類によっては手続き内容が異なるケースもあるので注意が必要です。


永久抹消登録とは、事故で利用できなくなった車、老朽化によって故障し乗れなくなった車などに対して行なう手続きです。文字通り「永久に」乗れない形で廃車にします。使わなくなった車をそのまま持っていると税金がかさむだけですから、出来るだけ早く廃車手続きを行ないましょう。また、事故などによって車検の期間が残っている車を廃車する場合には、残りの期間に応じた税金の一部が返ってきます。ローンの支払いが残っている車については、廃車手続きを行なう事ができません。まずはローンの支払いを終え、それから廃車手続きを行なう必要があります。

一時抹消登録とは、長期間車を利用しない場合に、一時的な形で廃車状態にするための手続きです。通常は、税金の支払いを止めるために行ないます。ナンバープレートを外し陸運局に持っていくなど、多少の手間と時間を要します。短期間乗らないだけであれば、特に一時抹消登録にこだわる必要はありません。また、ローンの支払いが残っている車については、この手続きを行なう事ができません。

お役立ちガイド