HOME > 抹消登録

抹消登録

車検登録を受けている車を解体する場合、もしくは一時的に利用を控える場合には、抹消登録の手続きが必要になります。また、自動車を海外に輸出する場合にも同様の手続きが必要になるので覚えておきましょう。

抹消登録を行なう場合は、まずお持ちの車検証を確認してください。車検証には2つの種類があって、自動車検査証に所有者と使用者の欄が設けられ、所有者に関する記載がある通称「Aタイプ車検証」と、所有者欄がなく、使用者欄のみが設けられ、リース会社などの情報が表示された通称「Bタイプ車検証」が存在します。Aタイプの車検証の場合には、車の所有者が書類を準備する必要があります。Bタイプ車検証の場合には、所有者の情報が変更されている場合があるため、詳細についてリース会社などに問い合わせた上で、書類を準備する必要があります。その際、現在登録されている所有者に登録識別情報が通知されているため、手続きを進めるにあたって登録識別情報の提供も必要になります。

この他、所有者の住所や氏名が、転居・結婚などによって変更されている場合は、別途、変更登録申請が必要になります。

さらに、自動車検査証の有効期間が1ヶ月以上残っている場合は、自動車重量税の還付申請を同時に行う必要があります。残りの期間に相当する自動車重量税の還付を受けることができるので、忘れずに行なってください。その際、振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等の情報が必要になりますので、抹消登録の前に忘れずに確認しておいてください。