HOME > 廃車前に確認するポイント

廃車前に確認するポイント

廃車にするシチュエーションについては、様々な事態が想定できます。まだローンが残っているけど、事故や盗難に合ってやむなく廃車手続きをしたい、そんなケースもあるでしょう。結論からいうと、ローンが残っている車については廃車にできません。しかし、利用できない車であっても手元に置いておくだけで税金が課せられてしまいます。そんな際に行なうのが「自動車税の支払い停止の手続き」です。運輸支局などと隣接している「自動車税事務所」で行うことが出来ます。通常はこの手続きで税金の支払いを停止した後に、ローンの支払いを続けることになります。

引越しをすると、廃車するときに印鑑証明書の住所と車検証の住所が異なる、という事態を招きます。中には、結婚によって氏名が変わっている方もいるでしょう。そんな場合は、廃車の手続きの際、住所と氏名が変わったことを証明する書類を持参すれば問題ありません。ただし、パスポートや免許証では書類として認められないケースもあるため、住民票や戸籍謄本のコピーを提出するようにしてください。

廃車手続きの際、リサイクル券を失くしてしまう方も多いようです。リサイクル券を紛失した場合は、ディーラーや整備事業者など、解体を依頼した業者に再発行を頼んでください。もしくは、運輸市局などに設置してある専用端末機でも再発行が可能です。ただし、業者によっては有料になる場合もあるので、リサイクル券は極力失くさないように注意が必要です。