HOME > 手続きの種類

手続きの種類

廃車の手続きには主に2つの方法があります。一時抹消登録をしてから解体し、それから解体届出を出す方法と、解体をしたのちに届出(永久抹消登録)を出す方法です。それぞれ以下のようにメリットとデメリットがあるので確認しておいてください。

一時抹消登録は、車を手元に残しながらも使用しない場合に行なう手続きです。長期の海外出張、入院などで車を使用できない場合に行ないます。この手続きを行なわないと、税金が課せられたままになってしまうので「使用しない自動車の税金を支払う」ということになってしまいます。ちなみに、一時抹消登録を行なっても、再登録をすればまた自家用車として利用できるようになります。通常、廃車にするためには抹消登録を行なった後、自動車リサイクル法に基づいた解体処理をして、解体届出を「運輸支局」に届け出る必要があります。軽自動車の場合は自動車検査証返納届出(一時使用中止)と解体届出を提出します。届出先は「軽自動車検査協会」になります。

「一時抹消登録+解体届出」の方法であれば、解体前にまずその車を使用しない旨を登録できるため、車を解体した後に届け出なければならない「永久抹消登録」よりも抹消登録そのものが早く済むというメリットがあります。例えば、月末に自動車重量税などの還付手続きを急ぐ場合は「一時抹消登録+解体届出」の方が早く手続きを済ませることが可能です。その分だけ還付金額も大きくなります。

逆に「永久抹消登録」は手続きが一度で済むため、手間がかからないというメリットがあります。したがって、どちらの方法をとるべきかは、廃車する時期によって異なります。早く抹消登録を行ないたい場合は「一時抹消登録」を、手間をかけたくない場合は「永久抹消登録」を行なうと良いでしょう。